債務整理関連の知っておくべきことを超訳

みなさん、おはこんばんにちは。管理人のたかぽんです。債務整理関連の知っておくべきことを超訳スピード理解しましょう!

By: Ryo FUKAsawa

まずは、よく耳にする過払い金。はい、これ大変もったいないです!

過払い金とは、クレジット会社や消費者金融、他にはデパート等が発行していたいわゆるハウスカード発行の信販会社(貸金業者)が、利息制限法を遵守しないで集めていた払いすぎた利息のことなんです。

過払い金請求をするとブラックリスト入り!?

過払い金請求も債務整理を同じで、いったんこれをやると信用情報に債務整理をした旨の情報が登録されます。クレジットカードやカードローン会社は過去に債務整理をした人を審査で落とすそうです。支払いに関して問題がある人だと思われるからで、いわゆるブラックリスト入りと呼ばれるのがこの状態です。

ただしいったん債務整理をしたら永遠にブラックリストから外れないかというとそうはありません。クレジットカード・カードローン会社の担当がJICCCICといった個人信用情報期間の登録情報を更新した時点で契約終了日と記載され、そこから5年間経てばあなたのブラック情報は抹消されるのだそうです。結果として、債務整理をしても5年という歳月が流れたら、信用情報からあなたの債務整理をしたという情報はきれいさっぱりなくなります。何が言いたいかというとたとえ債務整理をして一時的に金融ブラックの状態になったとしても年月が経過すればクレジットカードは使用できるようになる可能性が出てくるのです。

専業大手の業者(プロミスとかアコムとかですね)でも同様に過去に債務整理をしたことが問題となり将来カードローン審査に通りにくくなることが予想されますが、実際は、消費者金融の中には、貸付高を増やそうと、取り敢えず審査し、その時の与信結果により貸し出す業者もあるそうです。

過払い金返還請求等の債務整理をすることでブラックリスト入りするとお考えなら、一時的にその状態になることはあってもいずれは信用の回復は可能だということをお伝えしておきます。何より今が大事です。返済が困難なら、まずはその状態をなんとかするほうが先決ですよね? このまま何をすることもなく残債を放ったらかすのは、どのみち信用情報にもマイナスに作用しますから、あなたにぴったり適応する債務整理をいますぐ行い、実直に借金解決をするようおすすめします。

毎日毎日の取り立てに困っている場合でも、債務整理を専門とする弁護士事務所に全てお任せすれば、借金解決までそれほど長くかからず思ったよりも早く借金で困窮している暮らしから抜け出せるようになるはずです。

任意整理で和解すれば裁判に頼らずに借金が減額できます!

任意整理というのは、裁判に頼ることのない「和解」です。任意整理の対象とする借入先の業者をこちらの都合であらかじめ指定できますので、たとえば仕事で使うマイカーローンの業者は除外し任意整理を行うことも可能です。この場合は債務整理で債務の減額を図りつつ通勤に使う自家用車は失わなくて済むということを意味します。多くの方が任意整理を選ぶのはそういった個別のニーズを満たせるからだと思います。

言うまでもなく、各種書類は予め用意しておく必要があります。債務整理を依頼する司法書士や弁護士と話す前に、事前に用意しておけば、借金相談も思い通りに進むと思います。

債務整理するとクレジットカードが持てない?

ネット上のQ&Aコーナーを見てみると、債務整理途中だけれど新しいクレジットカードが持てたという体験談をみかけることがありますが、この件についてはカード会社毎に違うというのが適切です。債務整理途中でも審査に通すカードローン会社はあるし、そういうのに大変厳しい会社もあるということですね。肌感覚では信販系のクレジットカード会社は信用情報の毀損がある申込者には審査が大変厳しいです。審査が緩いのは消費者金融系のクレジットカードです。具体的にはACマスターカードです。これは消費者金融のアコムが発行するカードローンも使えるクレジットカードで、債務整理の途中でもカードの発行がなされた方を知っています。

確実にクレジットカードを持ちたいならVISAデビット等の先払い方式のクレジットカードに申し込むとよいでしょう。こちらはご自身の口座の残額の範囲でクレジットカードを使うことができます。つまり使えるのはいまある現金分のみということなのでそもそもの与信審査が必要ありません。必ず審査に受かるクレジットカードとして申込をされる方が多いようです。

たとえば自己破産した場合、子供達の学資ローンで審査落ちするかもしれないと不安に感じているという人もいると思われます。こちらも大丈夫です。高校以上でしたら、奨学金制度申請も可能ですよ。自己破産をしていても子の奨学金は申込が可能です。

借金の返済がきつく将来的にも良くなることが期待ができない状態だとか、金融会社からの催促が怖くて夜も寝られない状態なら、早急に法律事務所に債務整理の相談または依頼をしたほうが後々を考えると正解です。

借金問題は弁護士事務所の電話・メール無料相談を活用しよう!

費用なしの借金相談は、樋口総合法律事務所に相談しましょう。現在、ネット広告を出稿している法律事務所では電話・メール相談無料がほとんどですよ。「樋口総合法律事務所」はそのなかの安心できる弁護士事務所のひとつです。

弁護士費用を支払えるのか心配な人も、十分にリーズナブルな価格で全国の法律事務所に一括見積もりをしかも匿名でやってくれる「街角法律相談所」というサービスがありますので、ご安心ください。

総量規制が始まった!

平成22年に施行された改正貸金業法。この法律のなかで総量規制(お借り入れが年収の3分の1までに制限される)が完全にルール化されたので、消費者金融から上限を超過した借用は不可能になりました。借入と返済の自転車操業を続けている方は今後、さらに苦しくなります。即座に債務整理をすることをおすすめします。

支払日にジャンプを繰り返している方はこれ以上は苦しくなるはずです。

この記事のまとめ

問題を解決するための行程など、債務整理関連の知っておくべきことを超訳で整理しましたがいかがだったでしょうか。管理人のたかぽんは「理解していなかった!」ではもったいなさすぎるのが借金問題だと考えます。

いま、現在進行系で借金の返済に苦しんでいるという人は、今すぐ債務整理を行ったほうが有益だと思います。ここ10年の間に、消費者金融であったりカードローンで資金を借り入れた経験がある人や、現在もなお返済している人は、法外な利息とされる過払い金が存在することもありますからぜひ債務整理にチャレンジしてみてください。

多重債務で長年地道に返済を続けていた方は高い確率で借金は大幅減額され将来利息もカットされます。また過払い金が残っていれば、弁護士費用を差し引いても手元にしっかりとお金が残りますので、そのお金をご自身の再起のために使ってください。

最後までお読みいただきありがとうございました! よろしければ最新の情報が一目で確認できるトップページへお戻りください。


PAGE TOP