債務整理は苦しい借金生活を元通りにする正しい方法

どうもみなさん。おはこんばんにちは。私が現時点で得た債務整理の知識を共有しましょう。現在進行系債務整理ブロガー兼ライター(長い?)のたかぽんです。

By: Ryo FUKAsawa

ではさっそくみていきます。

いまの借金生活を元通りにする正しい方法です

クレジットカードやカードローン会社からの借金を精算していまのあなたの生活を元通りにするために行う、法律の基準を守った手続きが債務整理です。

借金返済できつく、毎日のしつこい督促電話で疲弊していらっしゃるなら、一回でいいので債務整理を考慮してみるといいと思います。

弁護士さん相談すれば一人で抱え込んで精神的に追い詰められることもなく、楽な気持ちになれますよ。ぜひ気軽に相談していただければと思います。

法律事務所とひとくちに言っても強みがそれぞれ違います。借金問題を解決するならことさら過払い返還請求、もしくは債務整理に実績がある法律事務所を選びましょう。

任意整理で口座が凍結!?

銀行が発行するクレジットカードを任意整理の対象とすると債務整理を開始した時点でカード会社に任意整理の告知がいきます。そうなると口座が一時的に閉鎖されるのが普通で、一切のお金が引き出せなくなります。任意整理を行う業者は事前に選べますので、よく弁護士さんと話し合ってください。メインバンク系列のクレジットカードをお持ちでしたら、そこだけ任意整理の対象から外すことで口座の凍結を防ぐことができます。

債務整理すると自動車ローンは組めない?

債務整理を行っても自動車は購入できます。当然ですよね。しかし現金キャッシュでの購入ということになりまして、ローン利用で入手したいならブラックリストからあなたの情報が抹消されるまでの何年間か待つことが必要です。債務整理直後ということになると、自動車ローンはもとより、審査の甘いと言われているカードローンや消費者金融のキャッシング利用はできないと考えてください。任意整理をしたケースでも、通常であれば5年間はローン利用はできないはずです。

クレジットカード・カードローン会社にとりましては、債務整理でけりをつけた人に対して、「再び貸し付けたくない人物」、「損害を被らされた人物」とするのは、何の不思議もないことだと言えます。

貸金業者からの執拗な取り立てを即時ストップさせるには

弁護士に任意整理等の債務整理を依頼すると、貸金業者からの執拗な取り立てを即時中断できます。これは弁護士が受任通知を金融業者に送り付けるからで、これは弁護士がこの問題に介入したのでこれ以上の取り立ては法的に違法ですよと知らせるものです。

弁護士からの受任通知で督促は即時ストップします。心的にも平穏になれますし、仕事の他、家庭生活も楽しめるものになるでしょう。

借入と返済の期間が長い方へ。あなたには過払い金があるかもしれません。

借入の期間が5年以上で、利息が18%をオーバーしていた人は、過払い金が生じている公算が大きいと言えるでしょう。法定外の金利(グレーゾーン金利といいます)は弁護士や司法書士に頼んで過払い金返還請求を行えば簡単に返金させることが可能です。

10年以上の返済実績があれば確実に過払い金があるので、時効がきてしまう前に今すぐ弁護士または司法書士さんに依頼して過払い金の有無を調べることをおすすめします。

債務整理を行うと将来のカードローン審査で不利になるの?

債務整理を行うと将来のカードローン審査で不利になると心配されている方がいますが、これは消費者金融次第です。

カードローンの利用者数を増やすために、大手では債務整理後が問題となり無理だと言われた人でも、前向きに審査にあげて、結果次第で貸してくれる中小の消費者金融業者もあるようです。

任意整理なら面倒な裁判なし!

任意整理というものは、裁判が行われません。あなたと業者との「和解」で進む債務整理なので当然ですよね。

任意整理ならあなたの大切なマイカーやバイクなどを手放さずに済みます

任意整理なら対象となる借金の範囲を思い通りに設定可能です。たとえば自家用車やバイクなどのローンを別にすることも可能なわけです。

たとえばバイクは手放してもいいな、だけどもマイカーは通勤に必要だから残しておきたい…そんなケースではバイクの融資業者は任意整理の対象に、またマイカーローンの業者は任意整理の対象外に設定ということで個別に処理することができます。

結果的に残したい資産は残しながら債務を圧縮させることができますよ。

借金問題は債務整理に強みのある法律事務所を選びましょう

法律事務所のなかには債務整理、はたまた過払い金などの、お金に伴うもめごとを得意としているところがあります。借金相談の中身については、HPに体験談が記載されているところがほとんどなので、事前に確認してみるとよいでしょう。

先に述べましたが、長期で返済してきた方は払いすぎた利息がある可能性が高いです。この過払い金返還を請求すれば、返済額が縮減されたり、現金が返還される可能性が出てきます。

個人的には過払い金がどの程度返してもらえるのか、できる限り早く弁護士や司法書士に依頼して調査してみるべきだと思いますね。なんせ時効がありますので、うかうかしていると損します。

この記事のまとめ

個人個人で資金調達した金融機関も違いますし、借入期間や金利も異なります。借金問題を適切に解決するためには、それぞれの状況に相応しい債務整理の進め方をすることが大切になります。

借金問題であるとか債務整理などは、第三者には話しをだしづらいものだし、もちろん誰に相談したらいいのかもわからないというのが本音ではありませんか? 法律の本を読み込んでもなんだかちんぷんかんぷんですよね? もしそうなら、安心できる弁護士や司法書士に相談するのが一番です。

たしかに債務整理をご自身のみで行われる方もいらっしゃいますのであなたにもできるかもしれません。この場合は準備をちゃんとしておくことが不可欠になるということは言えるでしょう。

参考までに私、管理人のたかぽんは当初債務整理を行うにあたり、聞きかじった知識で漠然と個人再生を望んでいました。しかし、弁護士さんに相談したら他の債務整理の方法のほうが適していたということがわかりました。

当たり前ですが、法律の素人が判断するのと法のプロの判断では見解は異なります。あなたにできることは借金問題を確実に解決できる法律事務所に依頼することです。

最後までお読みいただきありがとうございました! よろしければ最新の情報が一目で確認できるトップページへお戻りください。


PAGE TOP