特定調停って個人でやるにはハードル高すぎない?

どうも~、みなさんおはこんばんにちは。今日はね、ちょっとね、弁護士の絡まない債務整理についてお話したいと思うんですよね。

By: Hajime Nagahata

債務整理ってめちょ時間もお金もかかるじゃないですか? 普通は、司法書士さんか弁護士さんに頼んでやれ着手金だの報酬金とか説明されて、まあお金ないじゃないですか?

 

自力でやる債務整理「特定調停」を知っているか

はい、ここからは自力でやる債務整理です。

それはずばり「特定調停」ってやつです。特定調停は個人で行えます。裁判所に自分で調停を申し立てて、業者と公の場で交渉するというものです。

間には調停委員が入ってくれますので、怒鳴り合いとかにはならずきわめて事務的にコトが運ぶそうですよ。

特定調停のメリット・デメリットを調べてみました(私は断念しましたけど)

特定調停の一番のメリットは金がかからないことです。そりゃそうですよね。債務整理は通常法律事務所や法務事務所で弁護士や司法書士に依頼します。ですが、特定調停はすべて個人で行うのでお金がかからないというわけです。

はい、まとめますね。メリットです。

特定調停のメリットは、

  • 全部自分でやるのでお金をかけずに債務整理できる
  • 調停を申請すると業者からの督促や裁判沙汰を一時的に止められる

自分が感じたメリットはこれくらいですかね。裁判を数千円の費用で行えるのはいいなと思いましたが、失敗すると裁判に移行する可能性もあるのでちょっとね…。

もちろんデメリットもありますのでしっかり確認しておきましょう。

デメリットは、

  • 過払い金の返還請求ができない
  • 調停で決まったことは調停調書に記載されあとから変更ができない。
  • 調停後に支払いができなくなったときは即時差し押さえ等が行われる
  • 交渉の素人がやるので、不利な内容で和解が行われる可能性がある
  • 調停の日時に仕事を休んで休日をつぶし、出廷しなければいけない

素人がやるにはちょっとハードルが高いかなと思いました。なにより交渉が下手くそなんで、うまく言いくるめられていまよりキツイなんてことになりかねないなと。

自分の体験談を話すとですね、お金がとにかくなかったんで、弁護士先生への事前の相談料もきつくて(あれって1時間1万円するんですよ)で、調べたら全国にはメール・電話相談無料の法律事務所があったのでそっちにお願いしたんですよ。

まあ話は端折りますが、その後弁護士費用が工面できないって相談をしたら分割払いも可能ですよって言ってもらえて助かりました。

で、その費用も危ないってちょっとありえない話をしたんですよ。そしたら、今日からしばらく借金の支払いをストップしてくださいと言われたわけです。「えぇええいいの!?」ってなりますよね。でもそれでいいそうなんです。要は、受任通知ってやつを送ると督促が来ない。裁判か調停になるかはわからないけども、それまでに借金の支払いを止めて、そのお金を将来の支払いのために貯めておいてくださいって言われたわけです。

なるほど、なるほど。たしかに!と思いましたね。そうして自分は弁護士への費用をいくらか融通できたわけです。おっと、また話が長くなりました。雑文失礼~では、またな!

最後までお読みいただきありがとうございました! よろしければ最新の情報が一目で確認できるトップページへお戻りください。


PAGE TOP